淘汰の荒波が来ていることはもう始めていますよ!起業女子のお遊びはもう終わりです。

去年にキラキラ起業女子が淘汰されて、
その界隈の人は結局リーダーと、
少しの取り巻きしか残っていません。

その現実は、何を言おうとしてるかというと、
実力のない人は起業業界では、
残っていけないということなんです。

ファンがたくさん集まってるだけでは、
だめなんです。

ミッションやビジョンからぶれない発信力。
発信量の何倍ものインプット量と学び。

これがある人は、
いつの時代でも生き残っておられます。

実際私が2002年から起業して、
ここまで続けて来れたのは、
発信し続けている事と、
インプットし続けている事に、
他ならないと思っています。

発信の場は時代によって、
変えていっています。

mixi全盛期とアメブロ全盛期に、
上手く乗れて来れました。

あと、リアルの場も作り続けました。

お茶会やランチ会や、
勉強会、蔦田文庫などなど、
人が集まる場を作り続けました。

いつの時代も、
起業を、ビジネスを続けるには、
売上が上がらない事には、
継続できないのです。

その売上げをどうやって作るのか?
その時代に合ったマーケティングが必要だし、
マーケティングツールが必要です。

そんな風に、ただ楽しいだけでやるより、
しっかりと自分のビジネスを構築する事。

真剣にビジネスをやる人が、
結果を出して行き残っていくと思います。

ブログやSNSは、ほんのツール。
もっと大きな目でビジネスを捉えて、
大量インプットと大量アウトプットを、
もう一度やる時期に来ていると思います。

これは、私の私見ですが、
淘汰の荒波が来ている事が、
わかってる人は、
もう初めていますよ!

真剣にビジネスをね!!

関連記事

  1. 大好きなことで起業してもうまくいかない3つのワケ

  2. 生き残る起業家になるためにするべきこと

  3. 「こんなの出来ますリスト」が書けないのは、ゼロ~100思考の人。

  4. 起業を続けるコツは「何のために?」を明確にすることです。

  5. 家庭も仕事もうまく回す主婦起業の5つのヒケツ

  6. 嫌われる勇気を持てない人は、 好かれることが出来ません。

  7. 形から入る起業の始め方<その2>屋号を決める

  8. 「幸せな女性起業家」とは「幸せベースに起業すること」です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。