セミナー招致の手順

2008年からセミナー招致業を始めました。
やった事がないけど、やってみようか!
という軽い気持ちと、
お呼びするからには集客しなくちゃ
という意気込みとで、
やったら、初めてのセミナー招致で、
延べ60名ほどの集客が出来てしまいました。

それから、セミナープロデュース業で収益を上げ続け、
法人成りしてひとつの事業になっています。

最近、招致のやり方を教えて欲しいという声があったので、
基本的なセオリーと私や他の招致が上手い人たちがやっている事を交えて、
招致が初めての人にもわかりやすい内容で、
招致の方法をまとめてみました。

自分の商品がまだ出来ていない人は、
セミナー招致という方法もあります。

セミナー招致とは

セミナー講師をお呼びして、セミナー企画運営、集客、事務などの仕事を請け負う仕事をすることです。

セミナー招致の手順

1)企画編
セミナー講師を見つけてオファー
条件等の打合せをする
配分率・経費の範囲・セミナーの内容決め

<セミナー企画の基本10項目>
① セミナーのタイトル
② セミナーのタイプ
③ 開催目的
④ ターゲット層
⑤ 定員
⑥ 受講費
⑦ 会場
⑧ 日程
⑨ 時間
⑩ アジェンダ(当日のタイムテーブル)

2)集客編
セミナー集客の鉄則「セミナー集客の方程式」とは
→来ない理由を知る

リストはあるか?(顧客リスト・ブログ読者・facebook友達など)
集客媒体は何を使うか?

3)当日運営編
セミナー当日持ち物リストを作っておく。

開場前~セミナー終了後までのタイムテーブルを把握。

受講者とのコミュニケーション

4)事後フォロー編
セミナーフォローメールのセオリー
欠席者への連絡で差別化を
継続的にセミナーを開催することのメリットとは……など

■セミナー集客の極意
どんな良いセミナーでも認知が低ければ集客出来ません。
講師と招致者の認知がモノを言います。
なので、リアルの場とネットを使って、認知を広げることが大事なのです。
今考えることが出来る集客方法を書いてみましょう。

 

 

 

書いたものすべてやれば、集客出来ます。

関連記事

  1. ビジネスがうまくいっている人とは??

  2. 幸せをベースに起業するってどういうこと!?

  3. 起業家としての筋力を身に着ける

  4. 「つただ式!家庭菜園論」のススメ☆原始時代に戻ればいい

  5. 努力しても報われないのはなぜか?

  6. 営業しなくても売れる方法

  7. 「つただ式!家庭菜園論」のススメ☆プロローグ

  8. 「幸せな女性起業家」とは「幸せベースに起業すること」です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。