「人生の羅針盤は持っておいた方が良いよ」と話したこと

■マインド
Pocket

ま、人生計画通りにはいきませんけどね。
予期せぬ成功だらけで成り立ってるので。。。

それもわかった上なのですが、
自分の人生をどう作り上げたいのか!?
は、意識した方が良いですね。

私は人生は航海のようなものと例えてお話しています。
自分の人生の船の船長として、
その船(人生)を、どっちの方向に向けて進めるのか?

アメリカ大陸に行くのか?
ユーラシア大陸か?
はたまた南極とか北極とか。。。

人生行きあたりばったり、何となく漠然。。。の人と、
ぼやーっとでも良いので進む方向が決まってる人とでは、
5年後10年後の未来が、変わっているのは言うまでもありません。

人生という航海のための、自分の羅針盤を持っていますか?

私は小学3年生の時に、「先生になる」と決めて、
22歳までの自分の人生設計をしました。
子供心にも、先生になるには4年生大学に行って教員免許を取らねばならない。
ということが、わかっていたようです。

めでたく教師になる計画は完遂され、
同時計画の25歳にまでには結婚するということも実現しました。

それから、羅針盤を見失った時期もあったり、
あの羅針盤も良いし、これも魅力的だな~と迷った時期もありましたが、
それも、もう一回自分の本来つくりたい人生を、
見つけるうえで必要な時期でもありました。

それから、少しづつ少しづつ自分の人生を取り戻し、
やっと最近、
「これが私の人生羅針盤だ!」
と自信を持って言えるまでになりました。

長期展望を見据えた、人生計画は、
ぼんやりでも良いのでしておいた方がいいですね。

では、その人生計画の方法をお伝えします。
自分の人生をどう作り上げるか?
その内容は学校では教えてもらわなかったこと。
私は30才過ぎてから、この考え方を知りました。

自分の人生の作り方に興味のある方は
「欲しい未来をすべて手に入れる手帳術」
というセミナーを動画で販売しますので、
楽しみに待っていて下さいね。

提供しているサービス

関連記事一覧