大阪北部地震に際して思うのは、非常事態こそ自分軸が必要

6/18の大阪北部地震、皆さん大丈夫だったでしょうか?
被災された方は、まだまだ大変な状況が続くかもですが、早く平常の生活に戻れることお祈りいたします。

私はその時、JR天王寺駅のコンビニで水を買おうとしていました。
ガタガタと揺れる棚をぼーっと見ながら、倒れたら怖いなぁと思ってましたが、何事もなくそのまま会計を済ませ、
そんなに揺れた感はなかったので、電車は大丈夫だろうと改札に入って環状線のホームに行こうとしたら、階段まで人があふれていました。

「あ、電車止まってるんだ」「でも、すぐ動くだろう」と楽観主義の私はそのまま階段で待つことに。
スマホでニュースを見たら北摂が震度6弱、阪神淡路大震災の時に自宅で体感した震度だったので、激しい揺れだっただろうと予想は出来ました。

その日は私が通っている経営塾のスタッフとしてお手伝いに行く予定で、「お1人でも来られる方がいれば開催する」という先生の方針の元、
何としてでも会場にたどり着こうと決め、電車はやく復旧して欲しいなと思っていましたが、
雲行きは怪しく、もうバスかタクシー移動しかないとホームを出て駅の外に出たら立往生している人の渦!渦!渦!

一足遅く出た長女の無事も確認出来たので、(夫と次女は関東です)
まずは、会場までたどり着くために、バスかタクシーの移動手段を探しましたが、どこの長蛇の列。
いつ来るかわからないものを待つより自分の足で少しでもいいから近づいて行こうと、歩く事にしました。

結局1時間15分ほどかかって会場までたどり着きました。セミナーの出席は3分の1で、スタッフも全員揃ってつつがなく開催されました。

夜になっても、まだJRは動いておらず、大阪駅から新大阪まで歩かれた方も多かったようです。

では、私の事はこの辺にして、本題に移りますね。

2度の震災を経験して学んだ事

過去、阪神神戸大震災と東日本大震災を2度震災を体験しています。
直接の被災はありませんでしたが、大地が揺れる事の恐怖体験は、今でも身体のどこかに残っています。

阪神大震災の時は、娘たちが4才と1才でした。
大きな揺れで飛び起きてリビングのテレビをつけたら、神戸がとんでもないことに。
大阪市内もビルのガラスが割れたりと、大変な様子。

そんな中でも、夫は会社に行きました。「とにかく行けるとこまで行く!」と幼子を残して出勤する夫を恨めしく思ったものです。
家の中は、私が守る!とお腹に力を入れたのを思い出します。

3.11の時は、起業してイベント運営者でもあったので、考えさせられることが多かったです。
その当時は美と健康の体験型イベントを主宰していまして、2日後に出店説明会を行う予定でした。

とにかく、大惨事がどんどん流れて来るTVを消しました。
見れば見るほど、不安がよぎり、どんどんネガティブになってしまいます。
とにかく、私は行きているし、被災はしていない。ボランティアに行くべきか?いやそういう問題ではない。
だけど、何かをしなkれば、しなくちゃいけない、だけど何をすればよいかわからない。

そして世の中はあれよあれよと「自粛ムード」となり、
イベントの開催をどうするべきか!?
の選択に迫られました。

2日間悩みに悩みました。
こんな時に「すまいるはぁと」っていう名前のイベントやってていいのか?
イベントはどこも自粛ムードなのに、開催して後ろ指さされないかな?

いや、こんな時だからこそ、「心からの笑顔になるイベントをしたい」と、
結局開催する事に決めて、出店説明会をやりました。

非常事態だからこそ自分軸に立ち返る

たくさんの情報が錯綜する中で、結局頼りになるのは自分軸だったのです。

世間はこう動いてるから、自分もそう動くと考えるか、
世間はこう動いている、その中で自分はどう動くか?

私は後者の方で考えました。

もちろん、選択肢があるからこそ、考えられたし、選択することが出来たのです。
被災していたら、それどころではありませんから。

被災していない私たちが出来る事とは、
日常をそのまま変わらず生きるってことです。

震災に限らず、災害時って、当事者以外の人が言葉悪いですが盛り上がる傾向がありますよね。
こんな時だから、何かしなければ!といきなり支援を考えたり、
そういえば、私、身体に異変があって、なんか感じてたとか言い出したり、
まだ頭が痛いから気をつけて下さいといきないスピになったり、
ヒーリングしますと言い出したり、
3.11の時はたくさんのデマも拡散されてましたね。

そこで、普段と変わらず日常を生きるという私の軸が出来上がりました。

今回も、心配は最低限に、そして日常を淡々と変わらず生きる姿勢です。

facebookなどは、だいじょうぶですか~?コメントが渦まいてましたね。
それも私は違和感を感じていました。
facebookあるあるの人間関係だなって。。。

どんな時にでも自分軸で判断できるように

決断力は自分軸が物差しになします。
決断が出来るのは、自分の価値観が明確だからこそ。

世間はこうだけど、私はこうする!

と、どんな時も自分軸で決断できるように日頃から心も鍛えておきたいですね。

関連記事

  1. Abundance Placeオープンいたします

  2. 起業して年収1000万になれば、幸せになれるのか?

  3. ビジネスの鉄則とは売上を上げることではない

  4. ざわざわこそが成長のチャンス

  5. ビジネスがうまくいっている人とは??

  6. 売り込まずに売れる3つのテクニック

  7. スモールビジネスでインタ―ネットを正しく使うために必要な準備とは

  8. 努力しても報われないのはなぜか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。