アメブロとfacebookだけで生息している女性起業家に差をつける方法

スモールビジネスをやる上でインターネットの活用は必須です。

インターネットマーケティング、いわゆるWEBマーケティングの、
仕組みが作る事が出来ると、一人の営業マン以上の仕事をしてくれます。

インターネットマーケティングについては、
2012年にアメブロで書いていましたので、
ご興味ある方は合わせてお読みください。

●女性のためのインターネットマーケティングシリーズ
1.●女性のためのインターネットマーケティング☆流通革命
2.●女性のためのインターネットマーケティング☆ネットで物が買えるようになってから
3.●女性のためのインターネットマーケティング☆購買心理~基礎編~
4.●女性のためのインターネットマーケティング☆購買心理~ネット編~
5.●女性のためのインターネットマーケティング☆デジタルデバイド

ビジネスするならアメブロよ!と言われて何もわからずアメブロを始め、
facebookがいいわよ!と言われてまたfacebookも始める。

何のために!?が、わかっていないので、「大量行動」に疲れてトーンダウン。
という状態ではありませんか?

もっと基本的なビジネスの知識、その中でも大事なのは、マーケティングの知識です。
アメブロやfacebookだけで生息している人たちと差をつけるのは、こういう知識なんです。

優れたマーケティングはセールスを不要にする

「優れたマーケティングはセールスを不要にする」という、ドラッカーの有名な言葉があります。
そもそもマーケティングとは、「お客様が望む商品をお届けして、価値とお金を交換するプロセス」です。
マーケティングにも「正しい方法と正しい順番」があります。

コトラーが「World Marketing Summit Tokyo 2017」で言っていたのは、

「古いマーケティングは、セールス、広告、プロモーションなどをテーマとしてきた。
マーケティングのスキルセットで、もちろん、依然間違いではないが、今ではもっと広い意味で捉え直すべきだ。
新しいマーケティングは、ターゲット顧客に対してより優れた価値を創造し、コミュニケーションし、届けること。
そして、マーケティングは今、大きく変わろうとしている。
最新のマーケティングは、マーケティングを企業の成長エンジンと捉える。」

ということです。

これは大企業の話だけでなく、私たちのスモールビジネスにも当てはまります。
マーケティングスキルだけでは、売れなくなって来ています。

そしてコトラーは言います。
「作ったものをどう売るか。これは昔のマーケティング。新しいマーケティングは、自分たちが何を作るべきかを決める。
そして今は、自分たちは相応しいものを作っているか、だけでなく、それが新しいかも重要。」
新しい、ということがこれまでより重要になっており、
講演でも『New Marketing(新しいマーケティング)』と
『Latest Marketing(最新のマーケティング)』を区別して使われていたそうです。

新しいマーケティングとは!?

コトラーのマーケティング理論は、時代と共に変化して来ています。

例えば、
マーケティング1.0時代は、
1950年代のアメリカで生まれた、「製品中心主義」でした。
時代もいかに良いものを作り・売るかが重要となっていました。
豊かさが物質ありきの時代でもありました。

マーケティング2.0時代は、
1970年以降に普及した、「顧客中心」のマーケティングです。
消費者にとって必要なものの多くがその手に渡り、
製品やサービス自体に付加価値を与えることが困難になったことから、
顧客のニーズを中心にマーケティングを考えるようになりました。
豊かさの定義がどんどん変化して来ました。

マーケティング3.0時代は、
製品から顧客へと移り変わってきたマーケティングの対象は、
「価値主導」へと変わって来ました。
ものやサービスの機能・性能よりも、
それが「どういうビジョンで作られたのか」「どういう社会貢献ができるのか」
といった部分を問われるようになりました。
日本は現在、マーケティング3.0の段階にいるとされています。

そして、これからのマーケティング4.0は!?

ズバリ、「顧客の自己実現欲」に訴えかける手法です。
自己実現欲とは、顧客自身が持つ「本来的な自我を実現しよう」とする欲求のこと。
企業の製品・サービスの提供により、
顧客に「自分の理想像」をイメージさせる手法となっています。

2017年に出版されたので、まさにこれからの事が書いてあります。

 

自己実現の欲求段階のマーケティング4.0

今後は「社会的価値を求める」マーケティング3.0から、「自己実現を求めるマーケティング4.0」に移り変わるので、
先手を打って考えておく必要があります。
心理学者のマズローが提唱する「マズローの欲求段階説」の一番上位部分でもありますね。
人間も進化してきているってことです。

これからは、「1人1人の自己実現出来る商品やサービスを提供すること」が良いと思われます。
1人1人の欲求は違いますから、個々の世球を満たすにはどうすれば良いか?
ということを考えると良いでしょう。

ということは、量より質の時代ですね。
たくさんの人とつながるより、自分や自分が提供している商品やサービスに興味を持ってくれている人たちと、
密につながることが大事になってきます。

アメブロやfacebookは、たくさんの人とつながるにはとても最適なツールでしたが、
今後はそうないかない気がしますね。アメブロやfacebookもどんどん仕様が変わって来るでしょうし、
今までと同じ事をやっていたのでは、成長は望めないという事です。

常に時代の流れを意識して、ビジネスもブラッシュアップさせていきたいですね。

関連記事

  1. だから、主婦の起業は、甘いと言われるんです。

  2. 努力しても報われないのはなぜか?

  3. 努力よりも大事なこととは!?

  4. 誰が見ているかわからないブログに発信するのが苦手でした。

  5. 形から入る起業の始め方<その1>

  6. 生き残る起業家になるためにするべきこと

  7. ざわざわこそが成長のチャンス

  8. Abundance Placeオープンいたします

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。