ビジネスの鉄則とは売上を上げることではない

経費は最小限に、利益は最大限に。

これビジネスの鉄則です。

売り上げがいくら大きくても、
経費率が大きければ利益は当然少なくなる。

そのバランスを考えないと、
ビジネスの継続は難しい。

お客様がたくさん来て下さって
繁盛してるように見えても、

利益率が少ないと、
支払いばかりに追われて残る額が少なくて
「あれ~どういうこと!?」ってことになる。

ただ、利益率ばかり考えすぎると価格の割りに
お客様の満足度が低いものになったりする。

特に大阪人はその辺のメキキは厳しいものがある。

お客としては、
最小限の投資で最大限の価値を!
って思ってるからね

ま、それくらいでないと、今の世の中渡ってゆけないかもね。

お客のニーズを知ることから

私はなるべく経費をかけずにビジネスを始めたかったから、
出来る事で、ニーズがあるものから始めた。

最初は下請けの仕事もいっぱいやった。
先に実績と経験が欲しかったから。

そして色んな会社との仕事をすることで、
その会社のビジネスの仕組みが勉強出来た。

「じゃ、私ならこうする!」っていう自分のビジネスモデルも、
色んな会社を見たからこそ。

あっ、話がそれそうになったけど…

利益率にこだわりすぎてもダメだけど、こだわりすぎないのもダメってことね。
でも、今は利益は少ないけど次につながる可能性があるなら…ってのもOK。

点で考えるのではなくて、線で考えて、それから面に広げてゆく。

そういう発想が必要なのです。

 

関連記事

  1. そのノウハウは、あなたに合っていますか?

  2. 手帳を使えば夢が叶うわけではない、夢を叶えるために手帳を使うのです。

  3. 自分を知ることの重要性

  4. <起業準備>スモールビジネスでインタ―ネットを正しく使うために必要な準…

  5. 大阪北部地震に際して思うのは、非常事態こそ自分軸が必要

  6. だから、主婦の起業は、甘いと言われるんです。

  7. 「つただ式!家庭菜園論」のススメ☆狩りでなくて家庭菜園

  8. 年商1000万円と年収1000万円の違い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。